コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐佐木弘綱 ささき ひろつな

4件 の用語解説(佐佐木弘綱の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐佐木弘綱

幕末・明治期の国文学者。通称重蔵・習之助、号は鈴山・竹柏園・小僊・鶉居。伊勢生。足代弘訓井上文雄・梶原昭豊等の門で学び、歌道を志す。又蘭学は山崎元庵に学んだ。東大古典科創設とともに講師になる。明治24年(1891)歿、64才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ささきひろつな【佐佐木弘綱】

1828~1891) 幕末・明治期の国文学者・歌人。伊勢の人。東大古典科創設とともに講師。著「古事記歌俚言解」「日本書紀歌俚言解」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐佐木弘綱
ささきひろつな

[生]文政11(1828).7.16. 伊勢,石薬師
[没]1891.6.25. 東京
国学者,歌人。家号は竹柏園 (なぎぞの) ,号は鈴山。足代弘訓の門人。佐佐木信綱印東昌綱の父。編著『竹取物語俚言解』および『日本歌学全書』 (12巻,1890~91) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone