コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐保山 サオヤマ

デジタル大辞泉の解説

さお‐やま〔さほ‐〕【佐保山】

さほやま(佐保山)

さほ‐やま【佐保山】

奈良市北部、佐保川の北側にある丘陵。京都府との境をなす。西部の佐紀(さ)山と合わせて古くは奈良山と呼んだ。さおやま。[歌枕
「―にたなびく霞見るごとに妹を思ひ出で泣かぬ日はなし」〈・四七三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さほやま【佐保山】

奈良市北郊、京都府との境にある丘陵。古くは、奈良山とも。さほのやま。⦅歌枕⦆ 「秋霧は今朝はな立ちそ-のははそのもみぢよそにてもみむ/古今 秋下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

佐保山の関連キーワード奈良県奈良市法蓮町藤原武智麻呂墓能現行曲一覧奈良(市)坂上是則藤原宮子大伴書持聖武天皇光明皇后懐かしいハハソ佐保姫竜田姫佐保神黒髪山こそ雨霧脇能べみ墳墓

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐保山の関連情報