コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐双左仲 さそう さちゅう

2件 の用語解説(佐双左仲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐双左仲 さそう-さちゅう

1852-1905 明治時代の造船技術者。
嘉永(かえい)5年4月15日生まれ。海軍兵学寮にまなび,明治4年イギリスに留学。帰国後,横須賀鎮守府造船部長などをへて,艦政本部第三部長。造船総監。日本人としてはじめて軍艦の設計・発注をおこない,また葛城(かつらぎ),秋津洲(あきつしま)など,初の国産軍艦の建造を手がけた。明治38年10月9日死去。54歳。加賀(石川県)出身。本姓は堀尾。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐双左仲

没年:明治38.10.9(1905)
生年:嘉永5.4.15(1852.6.2)
明治期の軍艦設計者。加賀(金沢)藩士堀尾次郎兵衛の3男,同佐双家の養子。9歳で四書五経の素読を終えて章句を暗誦したという。明治2(1869)年加賀藩から選ばれて海軍兵学寮に入学。4年イギリスに留学,11年までとどまって造船学を修める。12年に主船局造船課長に就任以来,22~24年に横須賀鎮守府造船部長を務めたほかは,一貫して本省,艦政本部の造船計画部門で責任ある地位を占め続ける。30年造船総監,32年工学博士。日清・日露両戦争に活躍した国産軍艦の多くは彼の計画による。艦政本部第3部長に在職のまま癌に倒れた。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐双左仲の関連キーワード金沢余計者平賀譲(ゆずる)稲垣義方太田美農里近藤基樹沢田直温辰巳一長谷川準也松村務本

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone