コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐奈田義忠 さなだ よしただ

2件 の用語解説(佐奈田義忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐奈田義忠 さなだ-よしただ

1156-1180 平安時代後期の武士。
保元(ほうげん)元年生まれ。岡崎義実(よしざね)の長男。相模(さがみ)(神奈川県)大住郡真田を本拠とする。源頼朝の挙兵に父とともにしたがう。石橋山の戦いで先陣をつとめ,治承(じしょう)4年8月23日長尾定景(さだかげ)に討たれた。頼朝は義忠のために証菩提(しょうぼだい)寺を創建した。25歳。通称は与(余)一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐奈田義忠

没年:治承4.8.23(1180.9.14)
生年:保元1(1156)
鎌倉前期の武士。与(余)一,白物冠者。岡崎義実の長子,母は中村宗平の娘。相模大住郡真田の住人。治承4(1180)年,源頼朝の挙兵に父と参加,石橋山の戦に先陣を勤め,郎等文三家安と討死。頼朝は菩提を弔い証菩提寺を創建,石橋山の墳墓を訪れた。

(湯山学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐奈田義忠の関連キーワード源平の合戦保元大庭景親工藤茂光佐奈田義忠源重定清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone