コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐川官兵衛 さがわ かんべえ

2件 の用語解説(佐川官兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐川官兵衛 さがわ-かんべえ

1831-1877 幕末-明治時代の武士,警察官。
天保(てんぽう)2年9月5日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)家老。慶応4年鳥羽・伏見の戦いで鬼官兵衛の異名をとる。新政府軍の会津城攻めに対し防衛軍を指揮した。西南戦争では警視庁一等大警部として巡査隊をひきい,明治10年3月18日熊本で戦死した。47歳。名は清直。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐川官兵衛

没年:明治10.3.18(1877)
生年:天保2.9.5(1831.10.10)
幕末維新期の会津藩(福島県)藩士。幼名勝,長じて清直と称した。父は会津藩士佐川直道,母は俊子。文久2(1862)年藩主松平容保京都守護職に就任するとそれに伴って上洛し,ほどなく物頭,京都学校奉行と累進した。鳥羽・伏見の戦では藩士の子弟から組織された別選組などを率いて奮戦,勇名を馳せた。帰郷後は軍事奉行頭取,家老として官軍への徹底抗戦を唱え,敗戦後,東京での禁固生活を余儀なくされた。のち赦免され会津若松で閑居生活を送っていたが,明治7(1874)年征韓を巡っての論争が起こると,政府の要請を受けて子弟300名余を率いて上京し1等大警部となったが,同10年西南戦争に従軍して壮絶な戦死を遂げた。「佐川ノ人望ヲ有スル西国ノ西郷人望ヲ有スルカ如シ」と評される古武士タイプリーダーであった。<参考文献>横尾民蔵『佐川官兵衛君父子之伝』

(家近良樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐川官兵衛の関連キーワード大庭恭平会津会津藩小原庄助秋月悌次郎西郷頼母佐々木只三郎神保内蔵助神保雪子宮地正人

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone