コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義昭 さたけ よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義昭 さたけ-よしあき

1531-1565 戦国時代の武将。
享禄(きょうろく)4年生まれ。佐竹義篤(よしあつ)の子。常陸(ひたち)(茨城県)太田城主。壬生(みぶ)氏に城をおわれていた宇都宮広綱(ひろつな)をたすけて出兵,弘治(こうじ)3年宇都宮城に復帰させる。永禄(えいろく)3年結城晴綱(ゆうき-はるつな)の寺山城,7年小田氏治(うじはる)の小田城などを攻め,勢力拡大につとめた。永禄(えいろく)8年11月3日死去。35歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹義昭

没年:永禄8.11.3(1565.11.25)
生年:享禄4(1531)
戦国時代の武将。常陸太田城(茨城県常陸太田市)城主。義篤と小田成治の娘の子。幼名徳寿丸,初名義従。右京大夫に任ず。大掾氏の家督相続に介入してこれを傘下に置き,小田・白河結城両氏を圧して常陸西部,陸奥南部へと勢力を南北に拡大した。

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

佐竹義昭 (さたけよしあき)

生年月日:1531年8月23日
戦国時代の武将;常陸太田城城主;義篤の子
1565年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

佐竹義昭の関連キーワード宇都宮国綱生年月日佐竹義重岩城常隆南呂院

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android