コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義篤 さたけ・よしあつ

2件 の用語解説(佐竹義篤の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹義篤

没年:貞治1/正平17.1.12(1362.2.7)
生年:応長1(1311)
南北朝時代の武将。貞義の子。通称次郎。刑部大輔,右馬権頭に任ず。足利尊氏・直義に従い各地で新田義貞,楠木正成らと奮戦し,父と同じく常陸国(茨城県)守護に補任される。尊氏と直義が争った観応1/正平5(1350)年の観応の擾乱では,尊氏を支持する弟師義に対抗して直義寄りの立場をとるが,のち尊氏方に転じて着実に佐竹氏の勢力を伸ばす。兄の月山中枢と共に,常陸への臨済禅の普及に貢献,また中枢を通じて足利氏の信頼を集めるなど,柔軟な外交と堅実な所領支配によって佐竹氏を東国屈指の大名に飛躍させた。文和4/正平10年嫡子義香に,貞治1/正平17年1月には子弟ら十余人に,それぞれ所領を分割譲渡した。

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さたけよしあつ【佐竹義篤】

1311‐62(応長1‐正平17∥貞治1)
南北朝時代の武士。佐竹貞義の子。刑部大輔,右馬権頭,入道して浄喜。1335年(建武2)の足利尊氏挙兵以降一貫して足利氏に属してその覇業を助け,みずからも勢力をのばした。52年(正平7∥文和1)ころ父貞義から常陸国守護職を継承,54‐57年室町幕府侍所頭人を務めた。54年嫡子義香(義宣)に,62年には次男義躬以下の子女にそれぞれ所領を譲渡した。【市村 高男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone