佐紀(読み)さき

世界大百科事典 第2版の解説

さき【佐紀】

奈良市の北部,現在の佐紀町,歌姫町,山陵(みささぎ)町付近一帯の総称。古くから奈良盆地から北への交通路として重視され,佐紀(狭城)楯列(さきたたなみ)古墳群として大型古墳が多数存在する。律令制のもとでは佐紀郷がおかれ,別に佐岐村の名称もみえる。《万葉集》には長皇子(ながのみこ)の佐紀宮での歌がある。この地にはほかに佐紀神社,佐紀池が古代から存在し,後者は平城宮の付属園池とされていたらしい。【櫛木 謙周】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐紀の関連情報