佐藤 昌介(読み)サトウ ショウスケ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 昌介
サトウ ショウスケ

明治〜昭和期の農政経済学者 北海道帝国大学総長。



生年
安政3年11月24日(1856年)

没年
昭和14(1939)年6月5日

出生地
陸中国花巻(岩手県花巻市)

学歴〔年〕
札幌農学校〔明治13年〕卒,ジョンズ・ホプキンズ大学

学位〔年〕
農学博士

経歴
戊辰の役に少年鼓手で従軍。明治4年上京、大学南校、東京英語学校に学び、9年札幌農学校1期生となる。クラーク博士の影響を受けキリスト教入信。卒業後ジョンズ・ホプキンズ大学で農政学を専攻、19年帰国、札幌農学校教授となり、学長、総長を歴任。昭和5年の引退まで約50年間務め、北大育ての親といわれた。退官後北大名誉教授、北海道農会長、八紘学院総裁を務めた。11年には米国で開かれたロータリー・クラブ世界大会に出席。男爵。著書に「米国田政史」(英文)、「世界農業史論」(共著)がある。

佐藤 昌介
サトウ ショウスケ

昭和期の歴史学者 東北大学名誉教授。



生年
大正7(1918)年1月24日

没年
平成9(1997)年5月16日

出生地
北海道

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部国史学科〔昭和18年〕卒

学位〔年〕
文学博士(東北大学)〔昭和37年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔平成3年〕

経歴
昭和21年仙台工専教授、25年東北大学講師、33年助教授、39年教授を歴任。56年退官して名誉教授となり、東北福祉大学教授を務めた。著書に「洋学史研究序説」「洋学史の研究」「渡辺崋山」「高野長英」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 昌介 (さとう しょうすけ)

生年月日:1856年11月14日
明治時代-昭和時代の農政経済学者。東北帝国大学教授;北海道帝国大学総長
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android