コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤助九郎(2代) さとう すけくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤助九郎(2代) さとう-すけくろう

1870-1931 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年8月27日生まれ。初代佐藤助九郎の養子となり,明治37年佐藤組をつぐ。猪苗代水力発電所や小牧ダムの建設を手がけ,昭和6年社名を佐藤工業にあらためた。また明治36年富山県東礪波(となみ)郡柳瀬村長となり,のち貴族院議員。昭和6年10月30日死去。62歳。越中(富山県)出身。旧姓は北村。前名は尭春。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤助九郎(2代)の関連キーワード実業家

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android