佐藤助雄(読み)さとう すけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「佐藤助雄」の解説

佐藤助雄 さとう-すけお

1919-1987 昭和時代の彫刻家。
大正8年4月22日生まれ。仏師の子。後藤良(なおし),のち北村西望に師事。昭和16年新文展に初入選,18年特選。51年日展で文部大臣賞。55年芸術院賞。57年日本彫刻会委員長となる。木彫から出発しブロンズに転じた。昭和62年10月19日死去。68歳。山形県出身。作品に「地と風」「振向く」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android