コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤左久 さとう さきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤左久 さとう-さきゅう

1858-1915 明治-大正時代の箏曲(そうきょく)家。
安政5年生まれ。5歳で失明し,6歳のとき白勢高実に入門し,山田流箏曲とともに生田流系の曲もまなぶ。しばしば長谷幸輝(ながたに-ゆきてる)ら生田流の演奏家とも合奏した。箏の手付け(楽器演奏部分の作曲)にもすぐれていた。大正4年4月5日死去。58歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。初名左京一。作品に「小夜砧(さよきぬた)」「佐保姫」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤左久の関連キーワード吉田 恭子大正時代吉田恭子四季の眺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android