コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷幸輝 ながたにゆきてる

4件 の用語解説(長谷幸輝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷幸輝
ながたにゆきてる

[生]天保14(1843).熊本
[没]1920. 東京
地歌箏曲家。目が不自由だった。幼名半三郎。熊本の雪之都 (大阪派九州系の寺崎検校系) に6歳で入門。輝香と名のり,師没後同門座元の簾美之都に師事し,17歳で簾之都と改名。 21歳で久留米の宮崎勾当 (石塚検校系の宮原検校の高弟) に師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷幸輝 ながたに-ゆきてる

1844*-1920 明治-大正時代の地歌三味線家。
天保(てんぽう)14年11月13日生まれ。幼時に失明。久留米の宮崎勾当(こうとう)に師事して地歌の三味線をまなび,勾当の官位をえる。明治26年上京,三味線を改良し,九州系地歌を大成した。門下に川瀬里子,福田栄香,宮城道雄,中島雅楽之都(うたしと)ら。大正9年4月11日死去。78歳。肥後(熊本県)出身。幼名は半三郎。

長谷幸輝 ながたに-こうき

ながたに-ゆきてる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ながたにゆきてる【長谷幸輝】

1843‐1920(天保14‐大正9)
熊本出身の地歌三味線演奏家。九州系地歌を初めて東京に紹介し普及させた。久留米の宮崎勾当に師事。勾当に進むが,当道制廃止後は熊本で独立し,三味線の名手として知られる。1893年に上京し,三味線の楽器改良や撥(ばち)のくふうも行う。門下に川瀬里子(1873‐1957),福田栄香が出て,とくに川瀬は師の跡を受けて三味線を改良。今日,地歌で一般に用いられているのはこの川瀬の改良作である。宮城道雄や中島雅楽之都(うたしと)らも長谷に師事し,東京の地歌がほとんど九州系といわれるほどの勢力となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長谷幸輝の関連キーワード川瀬里子地歌舞三味線歌脇三味線浦崎検校三味線豊吉松島糸寿宮原検校八重崎検校(1)八重崎検校(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone