コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤陶崖 さとう とうがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤陶崖 さとう-とうがい

1787-1843 江戸時代後期の医師,画家。
天明7年生まれ。備前(岡山県)和気郡伊部(いんべ)村の人。医業のかたわら備前焼の陶器をつくり,画を小橋陶復にまなび,書道もよくした。村有林の帰属をめぐり一時郡払いとなったがゆるされ,大庄屋をつとめた。天保(てんぽう)14年4月10日死去。57歳。名は信睦。字(あざな)は子修。通称は次郎吉,左次右衛門,貫一。画集に「陶崖画譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤陶崖の関連キーワード寛政の改革ファッション・ブックアメリカ合衆国史(年表)ライト寛政改革フェデラリスツセシーユ桂川甫粲緑色岩森羅万象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android