コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤魚淵 さとう なぶち

1件 の用語解説(佐藤魚淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤魚淵 さとう-なぶち

1755-1834 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦5年生まれ。信濃(しなの)(長野県)水内郡(みのちぐん)長沼村の医師。小林一茶の友人格の門人。村の日吉神社松尾芭蕉の句碑を建立し「木槿(むくげ)集」を刊行,ついで社殿を建設し「迹祭(あとまつり)」を出版した。天保(てんぽう)5年6月11日死去。80歳。本姓は吉村。名は信胤。字(あざな)は子鵬。別号に草木庵,正風院など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤魚淵の関連キーワード忠海鶴屋南北葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑ホメオパシー大阪の製鏡業犬や猫の殺処分

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone