コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐護長右衛門 さご ちょうえもん

1件 の用語解説(佐護長右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐護長右衛門 さご-ちょうえもん

1713-1793 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)3年生まれ。対馬(つしま)(長崎県)佐護郷の郷士。享保(きょうほう)18年村の下知役,ついで佐護郷8ヵ村の郷長となり,倹約貯蓄の励行,水害の予防などにつくした。のち上県(かみあがた)郡の郡司にすすむ。寛政5年5月死去。81歳。名は親広。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐護長右衛門の関連キーワード科学史上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵The Review

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone