コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀潜 さが せん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐賀潜 さが-せん

1909-1970 昭和時代後期の小説家,弁護士。
明治42年3月21日生まれ。検事から戦後,弁護士となる。昭和37年「華やかな死体」で江戸川乱歩賞。推理小説のほか「民法入門」などを執筆,テレビの法律相談でも活躍した。昭和45年8月31日死去。61歳。東京出身。中央大卒。本名は松下幸徳。
【格言など】我が為すこと九十九は無駄なりと思うべし(父の言葉,人生訓)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐賀潜の関連キーワード3月21日弁護士

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android