佐野山陰(読み)さの さんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野山陰 さの-さんいん

1751-1819* 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延4年6月30日生まれ。京都で菅原為俊にまなぶ。寛政4年阿波(あわ)徳島藩につかえ,藩儒となる。藩主蜂須賀治昭(はるあき)から「阿波志」の編修を命じられ,文化12年完成させた。文政元年12月18日死去。68歳。阿波出身。名は憲。字(あざな)は元章。通称は少進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

佐野山陰 (さのさんいん)

生年月日:1751年6月30日
江戸時代中期;後期の儒者
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android