コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波志 あわし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿波志
あわし

阿波国 (徳島県) 一円の地誌。 12巻。徳島藩の儒者佐野山陰編著。文化 12 (1815) 年刊編者藩命により各村の庄屋らに命じて,管内の地誌を撰進させ,これを整理したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿波志
あわし

阿波徳島藩の儒員藤原之憲(しけん)によって完成した藩撰(はんせん)の地誌。1815年(文化12)成立。各町村の役人に命じて、その沿革、耕地、貢租、戸口、自然、産物、寺社、古跡、城跡、主要人物などを書き上げさせ、これを集大成している。当時の徳島藩は財政的に窮迫しており、とくに農村支配の立て直しを急務としたこともあって、この編纂(へんさん)には施政上の大きな期待がかけられていた。私的に編纂された『阿波志抄』『異本阿波志』『阿府志』とともに貴重な史料となっている。[三好昭一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿波志の関連キーワード蜂須賀治昭

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿波志の関連情報