何処までも(読み)どこまでも

精選版 日本国語大辞典「何処までも」の解説

どこ【何処】 まで も

① どんな所までも。すべての所に。また、具体的な動作や状態がとどまることなく続くさま。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)七「第八識頼耶白浄が最上の極めなれども上へに九識とたてたわどこまでも削り立たぞ」
② 抽象的な事柄をせんじつめても、なおかつ同じであるさま。あくまでも。徹底して。
史記抄(1477)八「どこまでもの劉章にをとりた事よ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android