(読み)ガン

  • かたくな
  • かたくなし
  • がん グヮン
  • がん〔グワン〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]かたくなに人の言うことを受け入れないさま。多く「頑として」の形で用いられる。「忠告をとして聞き入れない」「として節を枉(ま)げず、反骨を貫く」
常用漢字] [ガン(グヮン)(漢) [訓]かたくな
融通がきかない。かたくな。「頑固頑迷
いたって丈夫なこと。「頑強頑健頑丈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙
① すなおでなく、心がねじけているさま。まちがった考えを固執しているさま。また、心がひねくれていて、うちとけないさま。偏屈。片意地。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月二日・宣命「此の事は天下の難事にあれば、狂(たぶ)れ迷へる頑奈留(かたくなナル)奴の心をば、慈(めぐ)び悟し正し賜ふべきものなり」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いとど人わろう、かたくなになり侍るも、前の世ゆかしうなん」
② なかなか考えを変えないさま。いちずに思い込むさま。頑固。一徹。
※謡曲・丹後物狂(1430頃)「総じて親の子を思ふほど頑(かたく)ななるものは候はじ」
③ 愚かで物わかりの悪いさま。理解がにぶく、悟りが遅いさま。
※催馬楽(7C後‐8C)夏引「『夏引の 白糸 七量(ななはかり)あり さ衣(ごろも)に 織りても着せむ 汝(まし)(め)離れよ』『可多久名爾(カタクなニ) もの言ふ女(をみな)かな』」
※源氏(1001‐14頃)帚木「あやまちして、見む人のかたくななる名をも立てつべきものなり」
④ 教養がなく、見苦しいさま。情趣に欠け、ぶこつであるさま。不体裁なさま。無風流なさま。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「我をかたくななる田舎人と思ひて」
⑤ 手足などが欠けているさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
〘形シク〙
① すなおでなく、ひねくれている。不適当な考えにいつまでも固執している。強情である。意地っぱりである。
※源氏(1001‐14頃)明石「ひが事どもに書きなしたれば、いとどをこに、かたくなしき入道の心ばへも、あらはれぬべかめり」
② 物事を理解してそれに応ずることができない。融通がきかない。おろかである。物わかりが悪い。気がきかない。
※聖護蔵本願経四分律平安初期点(810頃)「痴(カタクナしク)なれる和上、上坐に為りたまふ」
③ 教養がなく見苦しい。情趣がなくぶこつである。いやしい。不体裁である。
※枕(10C終)六三「あかつきに帰らん人は、〈略〉いみじくしどけなく、かたくなしく、直衣、狩衣などゆがめたりとも、誰か見知りてわらひそしりもせん」
[補注]「仮・身の鏡‐中」の、「しらで背きたる者をも、科(とが)におこなはんとする事こそ痴(カタクナ)けれ」同書巻下の、「うらやみまはる事こそ痴(カタク)なけれ」のような、ク活用の例も見られる。
かたくなし‐げ
〘形動〙
かたくなし‐さ
〘名〙
〘形動ナリ・タリ〙 容易に他を寄せつけないようなさま。また、自説を主張したり、意地を張ったりして他人の考えを受け入れないさま。多く「頑として」の形で用いられる。
※慶応再版英和対訳辞書(1867)「Perverse 違ウタル。頑ナル」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「彼の自分に向って此時ほど頑とした事を見なかったのである」 〔書経‐堯典〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頑の関連情報