徹頭徹尾(読み)てっとうてつび

四字熟語を知る辞典「徹頭徹尾」の解説

徹頭徹尾

始めから終わりまで同じ方針・考えを貫く様子。どこまでも。終始。あくまで。

[使用例] それで只今校長及び教頭の御述べになった御説は、実にこうけいに中った剴切な御考えで私は徹頭賛成致します[夏目漱石坊っちゃん|1906]

[使用例] 労働者の生活ってものが、徹頭徹尾わからないんだよ[中野重治*むらぎも|1954]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「徹頭徹尾」の解説

てっとう‐てつび【徹頭徹尾】

〙 始めから終わりまで同じ方針・考えを貫くさまを表わす。始終。どこまでも。あくまで。
翁問答(1650)下「権の体段、徹頭徹尾(テットウテツビ)ことごとく中庸精微の神理にして」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「私は徹頭徹尾賛成致します」 〔朱子語類‐大学四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android