余論(読み)よろん

精選版 日本国語大辞典「余論」の解説

よ‐ろん【余論】

〘名〙 本論の補いとして後につけ加えた。本論以外の論説。その他の論。説。また、伝えられ残っている談論。
※開化本論(1879)〈吉岡徳明〉下「終篇に亦余論を尽す、倶に参看すべし」 〔司馬相如‐子虚賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android