作務(読み)サム

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐む【作務】

〘名〙 禅寺で僧が行なう筋肉労働のこと。禅寺では師も弟子も生活に必要なあらゆる種類の勤労雑役に従うことを尊ぶ。
正法眼蔵(1231‐53)行持「普請作務のところに、かならず先赴す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の作務の言及

【雲水】より

…座禅をくみ,入室問法(につしつもんぽう)(独参。修行者が1人で師の室中に入って教えを仰ぐこと)し,提唱(宗旨の大要を提起して説くこと)をきき,作務(さむ)(採薪や掃除等の労務)を行い,托鉢(たくはつ)(行乞(ぎようこつ))をする。臨済禅での独参は,雲水が師から公案をもらい,その所解を呈するところであり重視される。…

※「作務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作務の関連情報