コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作務 サム

デジタル大辞泉の解説

さ‐む【作務】

禅寺で、掃除などの労務を行うこと。修行の一つと見なされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さむ【作務】

〘仏〙 禅宗で、農作業・清掃などの作業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の作務の言及

【雲水】より

…座禅をくみ,入室問法(につしつもんぽう)(独参。修行者が1人で師の室中に入って教えを仰ぐこと)し,提唱(宗旨の大要を提起して説くこと)をきき,作務(さむ)(採薪や掃除等の労務)を行い,托鉢(たくはつ)(行乞(ぎようこつ))をする。臨済禅での独参は,雲水が師から公案をもらい,その所解を呈するところであり重視される。…

※「作務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

作務の関連キーワード武州正藍染百丈清規百丈山作務衣農作業禅寺緇衣直歳清掃禅宗金茶普請童行

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作務の関連情報