侍妾(読み)ジショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐しょう ‥セフ【侍妾】

〘名〙 貴人などのそばにいてその身の回りの世話をする者。こしもと。そばめ。
※広益熟字典(1874)〈湯浅忠良〉「侍 シセウ テカケ」 〔孟子‐尽心・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の侍妾の言及

【家】より

… 武家の家は大名などになるときわめて複雑であった。参勤交代制のために,大名がその正妻や嫡子と住むのは江戸在府の間だけで,そこにも侍妾やその生んだ子がいた。また在国中はそこに侍妾がいるのが普通であった。…

※「侍妾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侍妾の関連情報