コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保田龍門 やすだりゅうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保田龍門
やすだりゅうもん

[生]1891.5.13. 和歌山,那賀
[没]1965.2.14. 堺
彫刻家。本名重右衛門。東京美術学校西洋画科に在学中,二科展,文展などに入選するが,卒業後の 1917年日本美術院研究所彫刻部に入り,彫刻に転じた。 18年第5回再興院展に出品の『石井氏像』で,樗牛賞を受賞。 20年渡米,翌 21年パリに移り É.ブールデルに師事。 23年帰国。 23年に『クリスティーヌの首』を発表。作風はきびしい立体の追究を示すものから,次第に洗練,要約されたものに変る。 46年大阪市立美術館付属美術研究所彫刻部教授,53年和歌山大学教授。主要作品は前記のほか名古屋市平和公園記念塔のレリーフ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保田龍門の関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋中筋早稲田文学アドバルーン

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保田龍門の関連情報