コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保田龍門 やすだりゅうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保田龍門
やすだりゅうもん

[生]1891.5.13. 和歌山,那賀
[没]1965.2.14. 堺
彫刻家。本名重右衛門。東京美術学校西洋画科に在学中,二科展,文展などに入選するが,卒業後の 1917年日本美術院研究所彫刻部に入り,彫刻に転じた。 18年第5回再興院展に出品の『石井氏像』で,樗牛賞を受賞。 20年渡米,翌 21年パリに移り É.ブールデルに師事。 23年帰国。 23年に『クリスティーヌの首』を発表。作風はきびしい立体の追究を示すものから,次第に洗練,要約されたものに変る。 46年大阪市立美術館付属美術研究所彫刻部教授,53年和歌山大学教授。主要作品は前記のほか名古屋市平和公園記念塔のレリーフ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

保田龍門の関連キーワード中村 彝二科展石井文展

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android