保田龍門(読み)やすだりゅうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保田龍門
やすだりゅうもん

[生]1891.5.13. 和歌山,那賀
[没]1965.2.14. 堺
彫刻家。本名重右衛門。東京美術学校西洋画科に在学中,二科展,文展などに入選するが,卒業後の 1917年日本美術院研究所彫刻部に入り,彫刻に転じた。 18年第5回再興院展に出品の『石井氏像』で,樗牛賞を受賞。 20年渡米,翌 21年パリに移り É.ブールデルに師事。 23年帰国。 23年に『クリスティーヌの首』を発表。作風はきびしい立体の追究を示すものから,次第に洗練,要約されたものに変る。 46年大阪市立美術館付属美術研究所彫刻部教授,53年和歌山大学教授。主要作品は前記のほか名古屋市平和公園記念塔のレリーフ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保田龍門の関連情報