コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保留剤 ほりゅうざい fixative

翻訳|fixative

2件 の用語解説(保留剤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほりゅうざい【保留剤 fixative】

香料調合のさいに成分の揮発性を落とし,香調のバランスをくずさぬように助剤として添加するもの。保香剤ともいう。調合香料は10種以上の香料成分で構成するが,各成分の揮発性が異なるため,放置すると揮発性の高いものほど先に蒸発し,香料の調合組成がくずれ,経時的に香調が変化する。このための保留剤としては,沸点が高く,分子量は小さく,したがって蒸気圧の小さいものを用いるが,特定の香料の保留には,それと水素結合を形成するなどの分子間力の強いものが有効である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保留剤
ほりゅうざい
fixer

精油および香料は一般に揮発性が高いので、調合した直後は芳香を放っていても、日時の経過とともに揮発性の強い成分は揮発して逃げ去り、香調が大きく変化することがある。このような現象を防ぐために揮発保留剤(単に保留剤、保香剤ともいう)を用いる。揮発保留剤として一般に使用されているものはじゃ香、霊猫(れいびょう)香、竜涎(りゅうぜん)香などの動物性保留剤、シダーウッド油、ベチバ油などの植物性保留剤、およびバニリン、クマリンなどの人造保留剤の3種に大別される。これらは分子量が比較的大きく、揮発性に乏しいので保留剤として適している。植物性のオレオレジン、バルサム、レジノイドがしばしば用いられるのはこのような理由による。また、保留剤として使用されるもののうちで調和剤(各種成分の香気の調和を目的としたもの)、変調剤(香気の調子に変化を与えるもの)の効果を示すものはなおさら好適な保留剤である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保留剤の関連キーワード不揮発性メモリー香料揮発性アミン揮発性化合物揮発性酸揮発性脂肪酸等揮発物線揮発性成分揮発性溶剤半正マグマ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone