コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護命令 ホゴメイレイ

2件 の用語解説(保護命令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほご‐めいれい【保護命令】

配偶者からの暴力で生命・身体に重大な危害を受ける恐れのあるとき、被害者を保護するために裁判所が出す命令。被害者の申し立てによる。接近禁止命令と退去命令とがある。平成13年(2001)成立のDV防止法に基づく。
[補説]配偶者には元配偶者を含む。接近禁止命令は、被害者本人以外に、幼年の子や親族、被害者と社会的に密接な関係にある者をも対象とする。直接的暴力に加え、面会の要求、行動の監視、著しく粗野で乱暴な言動、電話・ファクシミリ電子メールでの連絡、不快で嫌悪感をもたらす物や性的羞恥心を害する文書、図画の送付などにも制限が加えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

保護命令

配偶者(内縁関係を含む)からの暴力により、生命や身体に重大な危害を受けるおそれが大きいとき、被害者の申し立てで、裁判所が危害を防止するために、加害者に対して出せる命令。現行法では、「6カ月間、被害者の身辺につきまとったり、被害者の住居や勤務先などの近くをはいかいしてはならない」(接近禁止命令)などがある。

(2007-04-06 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保護命令の関連キーワードDV有責配偶者ドメスティック・バイオレンス危害配偶者特別控除暴を以て暴に易うDV防止法配偶者間暴力配偶者暴力防止法女性に対する暴力をなくす運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保護命令の関連情報