コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信円 しんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信円 しんえん

1153-1224 平安後期-鎌倉時代の僧。
仁平3年生まれ。藤原忠通(ただみち)の4男。慈円の兄。法相(ほっそう)宗。興福寺別当の兄慧信(えしん)にまなび,金峰山検校などをへて,興福寺別当,大僧正となる。文治(ぶんじ)元年(1185)東大寺大仏の開眼(かいげん)供養の呪願師,建仁(けんにん)3年大仏殿落慶供養の導師をつとめた。のち大和(奈良県)正暦寺を再興した。貞応(じょうおう)3年11月19日死去。72歳。通称は菩提山本願僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信円の関連キーワード良円(3)青不動海岸局蔵俊実尊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信円の関連情報