コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信号方式 しんごうほうしきsignalling system

世界大百科事典 第2版の解説

しんごうほうしき【信号方式 signalling system】

電気通信網において交換接続を実行するためには,端末機と交換機の間,交換機と交換機の間においていろいろな制御信号のやりとりが必要である。この信号送受に関する取決めや方法を信号方式という。 図1は電話網における基本的な信号の流れを示したものである。電話機と交換機の間には送受話器の上げ下ろしを知らせる発呼信号や復旧信号,ダイヤル数字を送る選択信号(ダイヤルパルスやプッシュホンの多周波符号),発信音や呼出電鈴音を送る応答信号や呼出信号などがやりとりされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

信号方式の関連キーワードコンポーネント (映像)地上デジタルテレビ放送コンポーネント信号ヘッドホン工業計測鉄道信号同期通信新幹線S信号コロムPAL

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信号方式の関連情報