コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信頼利益 しんらいりえき Vertrauensinteresse

2件 の用語解説(信頼利益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信頼利益
しんらいりえき
Vertrauensinteresse

契約が無効ないし失効した場合に契約が有効だと誤信したために生じた損害をいい,そのために無駄になった費用がこれに該当する。消極的契約利益ともいう。履行利益に対する言葉。たとえば,ある音楽家と演奏してもらう契約をした場合に,信頼利益賠償の立場からいうと宣伝費用などが信頼利益にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんらいりえき【信頼利益】

契約締結のための調査費用や履行のための準備費用など、有効でない契約を有効と信じたことによって受ける損害。契約が履行された場合に得られるであろう履行利益に対していう。消極的利益とも呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の信頼利益の言及

【契約締結上の過失】より

… 日本の学説では,この法理はかなり古くから紹介され,主として原始的不能の場合を中心に論じられている。通説は,ほぼドイツの解釈にならってこの法理を認め,契約を有効だと信じることによる損害(信頼利益)の賠償請求権を他方当事者に与えるべきだと解しているが,その適用範囲,要件,効果等の細部については,なお議論は一致をみない。日本の判例では,ドイツと異なり(前記(1)のような事情は日本では存しない),この法理の展開する基盤を欠いたためか,契約締結上の過失は久しく問題となっていなかった。…

※「信頼利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信頼利益の関連キーワード失効猶予期間終身建物賃貸借重複保険契約契約の復活保険契約の無効継続率不要式契約要式契約(契約の)失効

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone