コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修正大血管転位(症) しゅうせいだいけっかんてんいしょう

家庭医学館の解説

しゅうせいだいけっかんてんいしょう【修正大血管転位(症)】

 右心房(うしんぼう)→右心室(うしんしつ)→肺動脈→肺→肺静脈左心房(さしんぼう)→左心室(さしんしつ)→大動脈と流れるはずの血液が、右心房→→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→→大動脈→全身と流れます。
 心房・心室・大血管のつながり方は異常なのですが、体循環(たいじゅんかん)の血液は肺へ、肺循環の血液は全身へと、血液が向かう方向は正常です。このため修正された大血管転位(「大血管転位(症)」)という意味で、修正大血管転位といいます。これだけでは、治療の必要はありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

修正大血管転位(症)の関連キーワード修正大血管転位症

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修正大血管転位(症)の関連情報