コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵屋宗理(初代) たわらや そうり

1件 の用語解説(俵屋宗理(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俵屋宗理(初代) たわらや-そうり

?-1782? 江戸時代中期の画家。
はじめ住吉広守に師事。のち尾形光琳の画風をまなび,光琳とおなじ青々の号をもちい,俵屋宗達にあこがれて俵屋と称した。弟子の葛飾北斎(かつしか-ほくさい)が2代をつぐ。天明2年?死去。通称は元知。別号に柳々居,百琳など。作品に「楓図屏風(かえでずびょうぶ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

俵屋宗理(初代)の関連キーワードフェイト天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学プミポン・アドゥンヤデート国王出直し岩国市長選海外の教育思想広瀬淡窓と咸宜園日本電産

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone