コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵屋宗理(初代) たわらや そうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俵屋宗理(初代) たわらや-そうり

?-1782? 江戸時代中期の画家。
はじめ住吉広守に師事。のち尾形光琳の画風をまなび,光琳とおなじ青々の号をもちい,俵屋宗達にあこがれて俵屋と称した。弟子の葛飾北斎(かつしか-ほくさい)が2代をつぐ。天明2年?死去。通称は元知。別号に柳々居,百琳など。作品に「楓図屏風(かえでずびょうぶ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

俵屋宗理(初代)の関連キーワードフェイト天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関竹内式部

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android