コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉田白羊 くらた

2件 の用語解説(倉田白羊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

倉田白羊

洋画家。埼玉県生。名は重吉。東美校卒。浅井忠に師事する。太平洋画会会員となり、文展でも入選。春陽会創立会員。後に山本鼎の農民美術運動にも参加した。昭和13年(1938)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉田白羊 くらた-はくよう

1881-1938 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治14年12月25日生まれ。浅井忠にまなぶ。太平洋画会会員となり,明治41年雑誌「方寸」同人。大正11年春陽会の創立に参加,同年山本鼎(かなえ)の農民美術運動を支援して長野県上田に転居した。昭和13年11月29日死去。58歳。埼玉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は重吉。作品に「たき火」「冬野」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の倉田白羊の言及

【明治・大正時代美術】より

…文展を離れて闘うことになったこの青年画家たちが,京都画壇に与えた刺激は小さなものではなく,彼らの出現によって栖鳳以降にきざしていた京都画壇の近代化への脱皮をうながすことになった。 20年の第7回院展後,日本画部との感情的対立から日本美術院洋画部を解散した小杉放庵,森田恒友(つねとも)(1881‐1933),山本鼎(かなえ)(1882‐1946),倉田白羊(1881‐1938),足立源一郎(1889‐1973)らは,梅原竜三郎を加えて,22年春陽会を結成する。ほかに客員として,岸田劉生,木村荘八,中川一政,椿貞雄の草土社勢,院展系の石井鶴三,今関啓司,山崎省三,それに万鉄五郎が迎えられた。…

※「倉田白羊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倉田白羊の関連キーワード井伊直忠県忍宇治紫文(4代)小野重行桑山鉄男河野秀男桜井忠胤瀬川章友高橋真八松山茂

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉田白羊の関連情報