コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方寸 ほうすん

5件 の用語解説(方寸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方寸
ほうすん

美術文芸雑誌。 1907年石井柏亭森田恒友,山本鼎を同人として創刊され,08年平福百穂 (ひゃくすい) ,倉田白羊小杉未醒,09年織田一磨坂本繁二郎が加わった。文学と美術との交流を目指し,また自画自刻による創作版画を掲載した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐すん〔ハウ‐〕【方寸】

1寸(約3センチ)四方。ごくわずかな広さをいう。「―の地」
《「蜀志」諸葛亮伝から。昔、心臓の大きさは1寸四方と考えられていたことによる》胸の中。心。「万事―の中にある」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうすん【方寸】

美術・文芸雑誌。1907年(明治40)5月,石井柏亭,山本鼎,森田恒友の3人の青年美術家により創作版画と美術評論の発表の場をめざす月刊同人誌として創刊された。のち倉田白羊,小杉放庵,織田一磨,坂本繁二郎らが同人に加わったが,いずれも20代の画家,版画家,美術評論家であった。ドイツの漫画雑誌《ユーゲント》などの絵入り雑誌をモデルとし,菊倍判8ページ(のち16ページ)の雑誌だが,近代日本版画史の幕開けを担った木版・石版・銅版画や漫画などの作品が彩りをみせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうすん【方寸】

一寸四方。転じて、ごくわずかの範囲。 「 -の地」
心の中。心中。胸中。 「 -におさめる」 「某それがしが-にある所/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方寸
ほうすん

明治末期の美術文芸誌。1907年(明治40)5月~11年7月。全35冊。方寸社発行。初め表紙とも八ページ、やがて12ページから、後期には16ページとなる。太平洋画会系の青年洋画家、石井柏亭(はくてい)、森田恒友(つねとも)、山本鼎(かなえ)による同人制雑誌として創刊、2年目から倉田白羊(はくよう)、小杉未醒(みせい)(放庵(ほうあん))、平福百穂(ひらふくひゃくすい)、3年目から織田一磨(おだかずま)、坂本繁二郎(はんじろう)が同人に加わっている。美術誌としては展覧会評、画論、芸術漫画のほか、各画家の自画自刷による石版画、木版画を豊富に発表。かたわら、同人以外にも門戸を開き、とくに文学との交流を図った。おもな寄稿者に、北原白秋(はくしゅう)、木下杢太郎(もくたろう)、高村光太郎(こうたろう)がいる。なお終刊号は、その年の3月に没した「青木繁(しげる)追悼号」である。復刻版(1972~73・三彩社)がある。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の方寸の言及

【日本創作版画協会】より

…従来,浮世絵の制作は画師と彫師と摺師の分業が通常であり,明治になっても小林清親,橋口五葉らはその方法に従ったが,明治末からすべての工程を一人の作家が行う,いわゆる創作版画がつくられるようになった。ことに1907年石井柏亭,森田恒友,山本鼎が創刊した雑誌《方寸》は創作版画制作の風を大いに助長した。日本創作版画協会は結成の翌年の第1回展から28年までに8回の展覧会を開き,31年に洋風版画会を合わせて日本版画協会に改まった。…

【明治・大正時代美術】より

…しかし浮世絵師の感覚の古さは,しだいにマンネリズムの表現をくりかえし,日清戦争の戦争図あたりを掉尾(とうび)として衰微していった。1907年,太平洋画会系の洋画家石井柏亭,森田恒友,山本鼎らが,美術文芸雑誌《方寸》を発刊し,〈自画自刻自刷〉の創作版画を発表するようになった。これによって時代感覚にそった新しい版画芸術が生まれることとなり,このほかに画家では田辺至(1886‐1968),彫刻家の戸張孤雁,版画家の織田一磨,恩地孝四郎,永瀬義郎,平塚運一,前川千帆(せんぱん)(1889‐1960)ら,創作版画にたずさわる作家の大同団結が,18年の日本創作版画協会結成となった。…

【リトグラフ】より

…明治30年代からは石版の主流はポスターと新聞付録絵になり,岡田三郎助や橋口五葉の三越ポスターは評判を呼んだ。有名画家の複製に向かう石版は,大正に入ると写真平版とオフセット印刷を導入した工場印刷となるが,そうした時代に逆らって画家の手になる〈創作版画〉運動を推進したのが,《方寸》に拠った織田一磨,石井柏亭,山本鼎らであった。戦後の日本の石版画は諸外国同様,芸術の一分野としての地位を確立している。…

※「方寸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

方寸の関連キーワード松下英麿しがらみ草紙新思潮文学界文芸文芸倶楽部文展芸文槿文芸雑誌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

方寸の関連情報