コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個艦優秀主義 こかんゆうしゅうしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個艦優秀主義
こかんゆうしゅうしゅぎ

1930年のロンドン海軍軍備制限条約によりアメリカ,イギリス海軍に対し,劣勢な艦艇保有比率を強いられた日本海軍が,個々の艦艇の戦力で敵性国海軍の同型艦をしのぐことを造艦の方針としたこと。この結果,『加古』『古鷹』級の重巡洋艦など列強の水準を上回る軍艦が建造されたが,同時にその過重武装によって 34年に水雷艇友鶴』の転覆沈没事件 (→友鶴事件 ) ,35年に駆逐艦2隻が暴風雨にあって艦体が折れた第四艦隊事件を引起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

個艦優秀主義の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android