コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友鶴事件 ともづるじけん

2件 の用語解説(友鶴事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友鶴事件
ともづるじけん

1934年に旧日本海軍の水雷艇『友鶴』が転覆した事件。『友鶴』は排水量 600t,速力 30kn級の水雷艇で,34年2月竣工したが,1ヵ月後に演習から帰港中,佐世保港外大立島の南方で転覆した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

友鶴事件
ともづるじけん

1934年(昭和9)3月12日、竣工(しゅんこう)直後の水雷艇「友鶴」が佐世保港外で夜襲訓練中、風浪を受けて転覆沈没、乗組員113人中100人が殉職した事件。原因は、復原力を犠牲にして過重な兵装を搭載したため約40度の動揺反復に耐えられなかったものとわかった。
 当時列国海軍はロンドン軍縮条約による「艦隊休日」を実施していたが、600トン未満の艦艇については規制がなかったため、海軍軍令部は600トンの艦体に1000トン級の能力と装備を与えようと計画、5インチ砲3門、21インチ魚雷発射管4門、速力30ノット、航続距離3000キロメートルの水雷艇の建造を始めていた。友鶴は姉妹艦3隻とともに主要兵装を撤去・換装して再就役したが、翌年の第四艦隊事件と並んで用兵側の過酷な要求に技術陣が妥協した結果の不祥事である。[前田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友鶴事件の関連キーワード海軍記念日水雷艇分隊海士海尉海将海兵艦艇予備学生海軍工廠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

友鶴事件の関連情報