コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒立振(り)子 トウリツフリコ

デジタル大辞泉の解説

とうりつ‐ふりこ〔タウリツ‐〕【倒立振(り)子】

棒の上部におもりをつけ、下部を支点として支えた振り子。下部は倒れないようにばねで支える。地震計に利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

倒立振子【とうりつふりこ】

振動体の重心が支点または回転軸の真上にある振子。周期が比較的大きいので地震計に利用される。振子だけでは不安定なので,振動体または支点をばねで支える。
→関連項目振子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の倒立振(り)子の言及

【振子】より

…棒の先端におもりをつけた振子を逆立ちさせると不安定であるが,支点を上下方向に振動させるとおもりは小さい振幅の振動をしながら逆立ちの状態を保つ。これを倒立振子という。 以上に説明したのはすべて重力の働きで振動する振子であるが,弾性の力で振動する振子もある。…

※「倒立振(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone