コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶留尊山 くろそやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倶留尊山
くろそやま

三重県中部の津市奈良県北東部の曽爾村の境にある室生火山群の主峰。標高 1038m。山頂からの眺望に優れ,山頂東側の屏風岩は倶留尊石仏として山岳信仰の対象となっている。また,東麓の国津神社には国の重要文化財の十三重塔がある。中腹池ノ平高原にはキャンプ場がある。室生赤目青山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倶留尊山
くろそやま

三重県津市美杉(みすぎ)町地区と奈良県宇陀(うだ)郡曽爾(そに)村との境にある山。室生(むろう)火山群の主峰で、標高1038メートル。中腹に倶留尊大権現(だいごんげん)を祀(まつ)り、山頂の東にある屏風(びょうぶ)岩は倶留尊石仏として古くから山岳信仰の対象である。溶結性凝灰岩(室生火山岩)からなり、山頂直下に高さ200メートル、幅1キロメートルの柱状節理の断崖(だんがい)がある。標高600メートル付近には倶留尊、池ノ平、曽爾などの高原が広がり、登山、キャンプが楽しめる。曽爾高原はススキの名所として知られ、池ノ平には湿原が広がる。室生赤目青山(あかめあおやま)国定公園に属し、近畿日本鉄道大阪線名張(なばり)駅などから登山口までバスがある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倶留尊山の関連情報