コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽爾村 そに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曽爾〔村〕
そに

奈良県北東部,宇陀山地にある村。名張川支流の青蓮寺川上流域を占める。一帯は室生火山岩から成る山地で,山岳美,渓谷美に富み,兜岳,鎧岳周辺には奇峰奇勝が多く,奥香落渓 (おくこおちだに) の景勝地を構成。屏風岩,兜岩および鎧岩は天然記念物に指定されている。スギ,ヒノキ原木を産し名張市経由で搬出される。十一面観音立像を有する法華院がある。村域の大部分室生赤目青山国定公園に属する。面積 47.76km2。人口 1549(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

曽爾村の関連キーワード奈良県宇陀郡曽爾村太良路奈良県宇陀郡曽爾村伊賀見奈良県宇陀郡曽爾村小長尾奈良県宇陀郡曽爾村塩井奈良県宇陀郡曽爾村長野奈良県宇陀郡曽爾村山粕奈良県宇陀郡曽爾村今井奈良県宇陀郡曽爾村葛奈良県宇陀郡曽爾村掛サンビレッジ曽爾桜井宇陀広域連合曽爾村の要覧奈良県宇陀郡曽爾(村)倶留尊山吉田桃華伊賀富士今井

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽爾村の関連情報