コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊蹄山 ようていざん

7件 の用語解説(羊蹄山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羊蹄山
ようていざん

別称蝦夷富士。北海道南西部にそびえる後志 (しりべし) 火山群の1つで,円錐 (コニーデ) 形の火山。標高 1898m。基底の直径約 12kmに達する成層火山で,輝石安山岩火山砕屑物から成り,頂上には大釜と呼ばれる直径約 700mの火口がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようてい‐ざん〔ヤウテイ‐〕【羊蹄山】

北海道南西部の火山。円錐状をなし、蝦夷富士(えぞふじ)とも。標高1898メートル。山麓はアスパラガスジャガイモの産地、また、多くの湧水がある。後方羊蹄山(しりべしやま)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

羊蹄山【ようていざん】

北海道南西部,倶知安(くっちゃん)町南東にある成層火山。標高1898m。南の尻別岳(前方羊蹄山)に対し後方羊蹄山といい,蝦夷(えぞ)富士,シリベシ山,マッカリヌプリともいう。
→関連項目喜茂別[町]京極[町]倶知安[町]ニセコ[町]日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようていざん【羊蹄山】

北海道南西部,渡島(おしま)半島の基部にある火山。標高1893m。後志(しりべし)火山群の一つで,南東にある尻別岳(1107m)に対してかつては後方羊蹄(しりべし)山と呼ばれた。富士山に似た山容をもち,蝦夷富士とも呼ばれる。直径約13kmのほぼ円形の基底をもつ円錐形の成層火山で,火口は直径約700m,深さ約200mのすり鉢型をなしている。融雪期には水をたたえ,父釜と呼ばれる火口湖となる。噴火の記録はみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようていざん【羊蹄山】

北海道南西部にある円錐火山。海抜1898メートル。広大な裾野では寒冷地野菜栽培が行われる。蝦夷えぞ富士。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕羊蹄山(ようていざん)


北海道南西部、渡島(おしま)半島基部に噴出した成層火山。標高1898m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。蝦夷(えぞ)富士・後方羊蹄(しりべし)山とも呼ばれる。頂上の3つの火口は、融雪時には湛水(たんすい)して火口湖となる。山腹・山麓(さんろく)には寄生火口の痕跡が認められ、北西麓の半月(はんげつ)湖は爆裂火口湖。山麓はナラ・ダケカンバ、山腹はエゾマツ・トドマツの原生林となっており、山頂近くの高山植物帯は天然記念物。支笏洞爺(しこつとうや)国立公園の一部をなす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊蹄山
ようていざん

北海道南西部、渡島(おしま)半島の基部にある山。後志(しりべし)火山群の一つで、標高1898メートル。円錐(えんすい)状火山で蝦夷(えぞ)富士ともよばれる。後志総合振興局管内の倶知安(くっちゃん)町、ニセコ町、真狩(まっかり)村、喜茂別(きもべつ)町、京極町の境界にある。基底は新第三系で、その上に輝石安山岩、紫蘇(しそ)輝石安山岩がのる。頂上には周囲2キロメートルの楕円(だえん)形の火口がある。山体は放射谷により刻まれ、春先には崩壊が著しい。北西麓(ろく)にある半月湖は爆裂火口跡とされる。標高650メートルまではナラ、ダケカンバなど、1050メートルまではエゾマツ、トドマツ、それ以上はハイマツで覆われ、ミヤマエンレイソウ、コケモモなどの高山植物がみられる。植生の垂直分布の変化がよくわかり、「後方羊蹄山(しりべしやま)の高山植物帯」として国の天然記念物に指定されている。登山口は比羅夫(ひらふ)口、真狩口、留産(るさん)口、京極口がある。頂上からは洞爺(とうや)湖、有珠(うす)山、ニセコアンヌプリなどが眺められ雄大である。山麓ではジャガイモ、アスパラガス、サトウダイコンなどを産す。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羊蹄山の関連キーワード渡島山地檜山横津岳渡島渡島富士松前大島北海道瀬棚郡今金町北檜山〈町〉瀬棚〈町〉大成〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羊蹄山の関連情報