コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後志総合振興局 しりべし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後志〔総合振興局〕
しりべし

北海道南西部に設置された北海道の総合出先機関。1948年制定の北海道支庁設置条例に基づき,後志支庁として設立。2009年制定の北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例に基づき,現名称となった。総合振興局所在地は倶知安町。所管区域は,倶知安町,小樽市島牧村寿都町黒松内町蘭越町ニセコ町真狩村留寿都村喜茂別町京極町共和町岩内町泊村神恵内村積丹町古平町仁木町余市町赤井川村の 20市町村。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しりべし‐そうごうしんこうきょく〔‐ソウガフシンコウキヨク〕【後志総合振興局】

後志

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後志総合振興局
しりべしそうごうしんこうきょく

北海道庁の出先機関で、2010年(平成22)に、それまでの後志支庁を改称・改組して設置された。組織体制および機能は地方自治法第155条に定める支庁と同格・同列で、局所在地は倶知安(くっちゃん)町。所管区域は北海道西部の寿都(すっつ)、黒松内(くろまつない)、蘭越(らんこし)、ニセコ、喜茂別(きもべつ)、京極(きょうごく)、倶知安、共和、岩内(いわない)、積丹(しゃこたん)、古平(ふるびら)、仁木(にき)、余市(よいち)の13町と島牧(しままき)、真狩(まっかり)、留寿都(るすつ)、泊(とまり)、神恵内(かもえない)、赤井川(あかいがわ)の6村で、その面積は4062.53平方キロメートル(一部境界未定)、人口10万1012(2010)。原則として市域は所管外であるが、小樽(おたる)市を含む地域を管轄下とする場合もあり、同市を含む面積は4305.83平方キロメートル(一部境界未定)、人口23万2940(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

後志総合振興局の関連キーワード支笏洞爺国立公園北海道岩内郡北海道虻田郡北海道古宇郡北海道磯谷郡北海道積丹郡北海道余市郡倶知安[町]倶知安(町)道央工業地域渡島(支庁)後志(支庁)北海道古平郡北海道寿都郡北海道島牧郡樽岸遺跡無意根山羊蹄山狩太

後志総合振興局の関連情報