コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傅玄 ふげんFu Xuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傅玄
ふげん
Fu Xuan

[生]建安22(217)
[没]咸寧4(278)
中国,西晋の学者,文学者。泥陽 (陝西省) の人。字,休奕 (きゅうえき) 。武帝に仕え,正統的な儒学の立場から意見書を多く提出した。自然と人類の歴史を,純粋な自然過程とみなす観点からの著『傅子』があり,また音楽に通じ,楽府 (がふ) を得意としの作品も残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の傅玄の言及

【楽府】より

… 3世紀後半に至り,西晋の宮廷では,先朝の魏の楽歌のうち,相和歌と清調曲・平調曲・瑟(しつ)調曲(清商三調という)をうけ継ぐとともに,別に漢・魏の古曲を拾い上げ,大曲と名づけて,宮廷音楽に編入した。それらの古曲が歌唱されるにつれて,宮廷詩人の傅玄(ふげん)・陸機は,それらを主題にした歌詞を作った。かくて,史上初めて,漢・魏の古曲および詩人の主題にした作詞が〈がふ〉と呼ばれるに至った。…

※「傅玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傅玄の関連キーワード病は口より入り禍は口より出ず陝西省文学者意見書張載儒学西晋武帝

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android