コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中高松城 びっちゅうたかまつじょう

日本の城がわかる事典の解説

びっちゅうたかまつじょう【備中高松城】

高松城(たかまつじょう)〈岡山県

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

備中高松城【びっちゅうたかまつじょう】

岡山県岡山市の北西にあった,戦国時代の平城で城跡は国の史跡。正しくは高松城であるが,四国讃岐の高松城と区別するため備中を冠して称されることが多い。石川氏による築城で,のちに毛利方の清水宗治が城主となる。
→関連項目高松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中高松城
びっちゅうたかまつじょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

備中高松城の関連キーワード大饗五郎左衛門宇喜多秀家本能寺の変山崎の戦い中国大返し蜂須賀正勝明智光秀岡山平野山崎の戦黒田孝高中国征伐毛利輝元豊臣秀吉佐伯藩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備中高松城の関連情報