備中高松城(読み)びっちゅうたかまつじょう

百科事典マイペディアの解説

備中高松城【びっちゅうたかまつじょう】

岡山県岡山市の北西にあった,戦国時代の平城で城跡は国の史跡。正しくは高松城であるが,四国讃岐の高松城と区別するため備中を冠して称されることが多い。石川氏による築城で,のちに毛利方の清水宗治が城主となる。重要な拠点であったが,羽柴秀吉の中国攻めの際に攻めあぐねた秀吉が,近くを流れる足守川の水を引き込んで城周辺を水で満たし,水攻めを行った史実はあまりにも有名。
→関連項目高松

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android