コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川氏 いしかわうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石川氏
いしかわうじ

江戸時代の譜代大名清和源氏源義家の子義時が河内国石川郡石川荘を領し,その孫義兼の頃から石川氏を称した。義兼7世の朝成は外祖父小山朝時の養子になり,以後3代小山氏を称したが,戦国時代政康のとき三河に移り,石川氏に復した。その子親康は松平親忠に仕え,以来代々徳川氏の家臣。家成は家康に仕えて功があり,その子康通は,関ヶ原の戦い後の慶長6 (1601) 年,美濃大垣5万石に封じられた。康通の嗣子忠総は,豊後日田,下総佐倉を経て近江膳所7万石に移封。忠総の死後,遺領は,孫昌勝,子総長や貞当らに分割され,昌勝の系統は伊勢亀山5万石,山城淀6万石,備中松山を経て延享1 (1744) 年,伊勢亀山に復し,廃藩にいたった。一方,総長は伊勢神戸1万石を経て常陸下館に移り,廃藩。明治にいたって両家とも子爵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわうじ【石川氏】

中・近世の武家。(1)清和源氏源満仲の後裔で奥州の中世豪族。満仲の孫頼遠は前九年の役で討死し,その子有光が石川地方(福島県)に住し,石川氏を称したと伝える。平安後期には開発により石川荘を形成した。鎌倉時代前期ごろの石川氏は一族・庶子が分立し,石川荘内で一族結合を進めた。鎌倉後期になると北条氏の御内人となり,石川一族もそれぞれ独立的な動きをするようになっていった。1333年(元弘3)には新田義貞に従い鎌倉攻めに参加し,建武政権に仕えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川氏
いしかわうじ

江戸時代の譜代大名(ふだいだいみょう)家。源義家(みなもとのよしいえ)の子義時を祖とし、その子義基が河内(かわち)(大阪府)石川郡を領したので石川を名字とした。鎌倉時代の末に下野(しもつけ)(栃木県)小山(おやま)に移り、政康(まさやす)の代に本願寺蓮如(れんにょ)に従って三河(愛知県)に行き、その子親康(ちかやす)が松平親忠に仕えて以来、代々家老として臣事したという。徳川家康に仕えた家成は西三河の旗頭とされ、ついで甥数正(かずまさ)がその任についた。宗家家成の家系は美濃(みの)(岐阜県)大垣、下総(しもうさ)(千葉県)佐倉などを転じて伊勢(いせ)(三重県)亀山6万石を世襲して明治に至り廃藩となった。数正は1585年(天正13)豊臣秀吉(とよとみひでよし)の元に走り、信濃(しなの)(長野県)松本城が与えられた。その子康長は家康に仕えたが大久保長安(ながやす)事件(1613)に連座して所領没収となった。分家に大名家(常陸(ひたち)下館藩)、旗本家がある。[林 亮勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石川氏の関連キーワード蘇我倉山田石川麻呂亀山藩(伊勢国)備中高松城浅川[町]蘇我安麻呂角田[市]石川[町]下館[市]石川(町)伊達持宗安達安子足利満直石川義兼龍右衛門河内源氏石川豊信角田盆地紀夏井石川町小諸藩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川氏の関連情報