コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾蓋 ケイガイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐がい【傾蓋】

たまたま会うこと。また、ちょっと会っただけで、親しくなること。
「拙者一見手を握て殆ど―の想をなしました」〈津田仙・明六雑誌四一〉
[補説]孔子が、道で偶然に出会った程子と、車のきぬがさ(蓋)を傾けて、親しく話したという「孔子家語(こうしけご)」致思の故事から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいがい【傾蓋】

〔「孔子家語致思」による。孔子が道で程子と出会って、車のきぬがさをかたむけて立ち話をした故事から〕
たまたま出会って、立ち話をすること。また、初めて会って、旧友のように親しくなること。
[句項目] 傾蓋故の如し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傾蓋の関連キーワード慨・槪・亥・凱・劾・咳・外・害・崖・慨・概・涯・碍・礙・蓋・街・該・駭・骸傾蓋故の如し孔子家語津田仙補説