コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儀鳳暦 ギホウレキ

デジタル大辞泉の解説

ぎほう‐れき【儀×鳳暦】

太陰太陽暦の一。中国で唐代に李淳風(りじゅんぷう)が作った麟徳(りんとく)暦の日本での呼び名。高宋の儀鳳2年(677)日本に伝わり、文武天皇元年(697)から天平宝字7年(763)まで使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎほうれき【儀鳳暦】

太陰暦の一種。唐では麟徳りんとく暦といい、李淳風りじゆんぷうがつくったもの。日本へは中国の儀鳳年間(676~679)に伝来。690年施行、763年まで使用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の儀鳳暦の言及

【暦】より

…平安時代に編集された《政事要略》という本には604年から初めて暦日を用うとあり,このころを日本における暦日始行とする説は多い。しかし《日本書紀》では690年,持統天皇の4年の条に〈勅を奉りて始めて元嘉暦と儀鳳(ぎほう)暦とを行う〉と初めてはっきりと暦法採用が記載されている。これ以前になんらかの形で暦が使われていたことは確かであろう。…

※「儀鳳暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

儀鳳暦の関連キーワード飛鳥時代(年表)奈良時代(年表)日本暦大衍暦太陰暦中国暦伝来六暦定朔一行