コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儘に/随に ママニ

デジタル大辞泉の解説

まま‐に【×儘に/随に】

[連語]《名詞「まま」+格助詞「に」》
…のとおりに。…にまかせて。「感じた―描く」「気の向く―旅をする」
…につれて。…とともに。「日が暮れゆく―気温が下がってくる」
…ので。…ために。
「いみじく心もとなき―等身に薬師仏を作りて」〈更級
…と同時に。…するやいなや。
「旗一流れ給はってさす―、その勢わづかに十六騎、みな白装束にて馳(は)せむかふ」〈平家・一一〉
[補説]多く連体修飾語を受けて、接続助詞のように用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

儘に/随にの関連キーワードそっくり其の儘来し方行く末孤灯・孤燈報讐・報讎我妻恵美子正親町天皇勝手気儘然すれば思いの儘曠日持久気随気儘有るが儘薬師仏思う儘格助詞我が身這う連語順従名詞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android