儘に/随に(読み)ママニ

デジタル大辞泉の解説

まま‐に【×儘に/随に】

[連語]《名詞「まま」+格助詞「に」》
…のとおりに。…にまかせて。「感じた―描く」「気の向く―旅をする」
…につれて。…とともに。「日が暮れゆく―気温が下がってくる」
…ので。…ために。
「いみじく心もとなき―等身に薬師仏を作りて」〈更級
…と同時に。…するやいなや。
「旗一流れ給はってさす―、その勢わづかに十六騎、みな白装束にて馳(は)せむかふ」〈平家・一一〉
[補説]多く連体修飾語を受けて、接続助詞のように用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android