コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随に マニマニ

デジタル大辞泉の解説

まにま‐に【随に】

[連語]《「」は格助詞
他人の意志や事態の成り行きに任せて行動するさま。ままに。まにま。「波の随に漂う」
ある事柄が、他の事柄の進行とともに行われるさま。…につれて。…とともに。
「松風の寒き―年をへてひとり臥すらむ君をこそ思へ」〈宇津保・国譲下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まにまに【随に】

( 副 )
事の成り行きにまかせるさま。ままに。まにま。 「波の-漂う」 「風の-花びらが舞う」 「医師。君がの給ふ-すべしといひつゝ肩を聳かしぬ/浴泉記 喜美子
ある事柄とともに別の事柄が進行しているさま。 「かくあるをみつつこぎゆく-、山も海もみな暮れ/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

随にの関連キーワードディエゴ フォルランチャタレー夫人の恋人イーサン・フローム日本社会主義同盟ソフト・マシーンHANAマンダリン草パスツール堀尾 貫務宇田川榛斎北畠八穂習はかす桂川甫周佐藤信淵スカロン脳卒中脳出血土左

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

随にの関連情報