優婆離(読み)うばり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優婆離
うばり

仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の十大弟子の一人。パーリ語ウパーリUpliの音写。優波利、優波梨などとも書かれ、「うぱり」とも読む。カピラバストゥのシャカ人に仕える理髪師であったが、アヌルッダ(阿那律(あなりつ))などがアヌピヤーに滞在中の仏陀から得度を受けようとしたときに同行し、彼らより先に得度した。仏陀が律蔵(りつぞう)を全部彼に教えたといわれるほどに律に詳しく、「持律第一」といわれ、僧団の種々の事件に際してこれをみごとに調停し、仏陀の賞賛を得た。また第1回結集(けつじゅう)においては、アーナンダ(阿難)が法(ダルマ)をまとめたのに対し、律(ビナヤ)をまとめるのに貢献した。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android