優婆離(読み)うばり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優婆離
うばり

仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の十大弟子の一人。パーリ語ウパーリUpliの音写。優波利、優波梨などとも書かれ、「うぱり」とも読む。カピラバストゥのシャカ人に仕える理髪師であったが、アヌルッダ(阿那律(あなりつ))などがアヌピヤーに滞在中の仏陀から得度を受けようとしたときに同行し、彼らより先に得度した。仏陀が律蔵(りつぞう)を全部彼に教えたといわれるほどに律に詳しく、「持律第一」といわれ、僧団の種々の事件に際してこれをみごとに調停し、仏陀の賞賛を得た。また第1回結集(けつじゅう)においては、アーナンダ(阿難)が法(ダルマ)をまとめたのに対し、律(ビナヤ)をまとめるのに貢献した。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android